ギムノの柱

ギムノカリキウム属のサボテンのうち、少なくとも小型のものは年数を重ねると柱サボテン化します。今日はそのような例を二つ。

<牡丹玉> 会社員であった当時同僚から譲っていただいた一本です。茶色の一風変わった球体色ですが、入手した35年前からずっとこの色です。もちろん冬も夏もです。
P3310082.jpg
この同僚、相模原市に在住しており一時はかなりサボテンに熱をあげていた由。近くにかの「龍胆寺雄」氏温室があって訪れたこともあるとのこと。うらやましいと思ったのもずっと昔の思い出となりました。

<翠光冠> この苗も35年ほど前に知り合いからもらった指先の大きさほどの小さな掻き子を育ててきたものです。
P3310081.jpg
老境に入りもう子は吹かなくなりました。それも良しです。あとは今後どのような姿に変化してゆくのか見極めてやるのみ。私と長生き比べです。

これ等の柱化したギムノ、上に伸びるのみで大して場所もとりませんので、温室内のポイントとして今後も大事に育ててゆきます。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ペクチニフェラ古株

およそ35年前に五十鈴園さんから購入したユーベルマニア属の「ペクチニフェラ」二株です。
P2190076.jpgP3300070.jpgP3300069.jpg

両苗とも球体の直径は12cm程度です。ずっと扁平な形状を保ってきましたが、画像左側の苗は最近やや縦長になってきました。もともと球体色は緑色がかったものと赤みがかったものとがあったのですが、最近は両者とも赤みが強い球体色になり色での区別がつかなくなりました。
昨年から温室内の一番陽光が当たる場所に置いていますので、サボテンとしてのご機嫌は大変良い状態です。

たまたま手許にこれらの苗の11年前の画像がありました。
DSCN0967.jpg
この頃の球体直径が10cm程度でしたから、ペクチニフェラの成長がいかに遅いかが分かります。
今後も気を長くして、ゆっくりとした成長を目指します。なるべく扁平な形状を保ちたいですね。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

アズテキウム属「ヒントニー」、今年こそは

実生してから11年目を迎えるアズテキウム属の「ヒントニー」です。2013年春にメサガーデンから入手した種子を蒔いて11年。二本の苗が生き残っています。

P2180084.jpgP2180085.jpg

上の画像の苗は球体直径が5cm程で、昨年既に開花しています。既にといっても実生から10年もかかっていますからずいぶん気の長いサボテンです。成長点近傍には茶色の刺のようなものがたくさん生えています。この刺の出現が開花し始める合図の様です。
下の画像の苗は球体直径が3.5cm程で、未だ開花していませんが、最近茶色の刺が生えかかっています。今年は開花してくれるものと期待しています。

これら二本の苗の他、実生してから6年経過した苗たちがあります。
P2180083.jpg

これら6本の苗のうち一番大きなものは直径が4cm程に育ち、成長点からは茶色の刺が生え始めています。

アズテキウム属「ヒントニー」の開花は4月~5月で、もうすぐです。
意外ときれいな花が咲きます。昨年の開花の画像です。
P4090080.jpg 

今年は複数の株が開花し交配できることを願っています。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

晃山 実生11年生の春

今日の主役は、2013年春に実生したレウクテンベルキア属の「晃山」です。
大まかながら成長の記録を振り返ってみます。

<2016年2月> 実生三年目の頃です。若々しい姿です。
DSCN4459.jpg

<2019年6月> このころにはすでに開花していました。初開花は2016年頃であったと思います。球体下部の疣は既に褐色に変色して枯れかかっています。
P6210014.jpg

<2024年3月> 現在の姿です。
P3270184.jpgP3270185.jpg

数年前に根腐れした期間が数年ありましたが、昨年あたりから元気を取り戻しました。
2109年の頃から比べ、疣や刺が格段に太くなっています。新しい疣も最初から太いものが出てきます。

この晃山、遺伝的にはフェロカクタス属に近く両者の交配種を作成することも可能とのことですが、それについて良いイメージの苗は浮かんできませんので交配するつもりはありません。

この株はさらに健康に大きく育てて、迫力ある見かけの植物にしてゆきたいと考えています。



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

赤い出べそが動き始めた

昨年初秋に袖ケ浦の台に逆さ接ぎしたストロンボカクタス属の「菊水」。春の息吹を感じてとうとう本格的に動き始めました。
今年1月のブログでは、穂の一部からごく小さな”赤い出べそ”が現れていることを記しました。当該ブログの最後の画像に現れています。
その赤い出べそがサボテンらしい姿に変身中です。

P3270169.jpgP3270170.jpg

赤い出べそが黄色のイソギンチャクに変身したようです。
このイソギンチャクが菊水になるにはあと何か月かかるでしょうか。

今日は久しぶりの晴れ。週末に天気は崩れそうですが、しばらくやっていなかった水遣りをサボテン、メセンすべての苗に施しました。雨水をため込んでいた4つの天水桶の半分を使い切りました。しばらく続いた雨で空気が洗われたのか、冠雪した富士山がくっきりと見えました。当地の桜の開花は未だですが、確実に春がやってきているのを実感できる一日でした。
P3270004.jpg


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

フロッコサの8年と、次世代の養成

今日のブログの主役はエリオシケ属の「フロッコサ(Eriosyce paucicostata ssp.floccosa)」です。2016年2月にたにさぼ実生倶楽部さんの第73回種プレで頂いた種子を蒔きました。発芽した幼苗の同年5月の姿です。

縦6列のうちの中央2列がフロッコサです。20粒の種子全てが発芽したようです。苗の形状はフェロカクタスのそれが小じんまりとしたものです。

230.jpg

それから二年後の2018年5月には、9本の苗が生き残りました。うち6本は丈夫に生き永らえそうです。
P5080175.jpg

画像はありませんが、2020年頃初開花しました。

そして2024年3月現在の姿です。無償譲渡やヤフオク出品などあり、2本の苗のみ残しています。
P3240083.jpgP3240082.jpg

年月を経て球体の形状はやや縦長になりました。これが本来の姿だと思っています。灰緑色の球体に灰色の刺が渋く映えています。春のこの時期、成長点付近から新たな刺を伸ばし始めています。新刺の色は当初褐色ですがその後漆黒になりやがて灰色へと移ろいます。

このフロッコサ、5月~8月に開花しますが、二本の苗の開花がなかなかシンクロせず種子の採取がままなりません。
多くの種子を採れない中、少量の種子から出た貴重な幼苗を昨秋に袖台に実生接ぎしました。
PB050158.jpgPB050157.jpg

これ等の接ぎ木苗の開花が始まる2年後あたりから、本格的な次世代苗の養成を始めようかと思っております。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

健康そうな烏羽玉古株たち

今日のブログの主役は、約35年前に友人から譲っていただいた烏羽玉5株です。気温の上昇に伴い球体を膨らませてきました。

P3240099.jpgP3240098.jpgP3240097.jpgP3240096.jpgP3240095.jpg

4つ目の画像の苗が子を吹いている以外は、5株とも皆同じような見かけに収まっています。灰緑色の球体色がこれらの株が健康な状態にあることを示しています。
地上部の球体は成長点から成長した分、球体下部が縮んで全体として大きさは変わらない状態になっています。ただ、画像からは定かではありませんが、地中に潜む塊根は年々成長しており、昨年の植え替えの時点ではすでに地上部の大きさを超えていました。
烏羽玉は自家受粉しますので、これまでこれらの苗から多くの種子を提供してもらいました。それらの実生苗はヤフオク等を通じて全国各地の温室やフレームに根を下ろしていることと思います。
人間様の感覚で実生40年前後のこれらの株を古株としていますが、画像の姿を見る限りまだまだこの先、その若々しい姿を保って生き続けてゆきそうです。


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

金鯱大玉膨らむ

40年ほど前に二和園さんで入手した金鯱です。入手時の名称は「短刺金鯱」で球体の直径はテニスボール大でした。
その金鯱の現在の姿です。
P3240091.jpgP3240092.jpg

春の暖かさを感じて球体を膨らませてきています。現在の球体直径は50cm前後です。
前回の植え替えは2019年11月でしたので、そろそろ植え替えねばならない時期です。当時の画像が残っていました。
PB160039.jpg
やはりこの4年半でかなり成長しており、植え替え時期に来ているようです。
しかしその気になってこの巨大な球体を間近に見ると、急に気が萎えてしまいます。
前々から、金鯱がどんどん大きくなる一方で栽培者たる私の体力はどんどん衰えてゆき、どこかの時点で植え替えが困難になると恐れていましたが、その恐れが今現実のものになってきました。
この春の天気の良い日が勝負の時になりそうです。それまでに、用土を用意し、レバーホイストの準備をしておかねば。


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

目にも心にも優しい「銀冠玉」

このところPC画面の見過ぎか、眼精疲労が激しいです。
そんな時、眼中に飛び込んできた銀冠玉。とても目に優しい見かけをしています。
P3220062.jpgP3220063.jpg

銀冠玉独特の灰緑色の球体にピンク色の開花。この色の組み合わせは同属の「烏羽玉」では実現できません。
この苗は「疣銀冠玉」として入手した龍神木台の接ぎ木苗から掻き取った子株を挿し木して育てたものです。
目に優しい球体色と疣との組み合わせ、眺めていて心が落ち着いてきます。

一方「Y疣銀冠玉」として入手した種子を実生したキリン台苗。こちらも柔らかな球体色とピンク色の花との良いバランスを楽しませてくれています。
P3230086.jpg

こちらの苗は未だ本来の疣の出現はありませんが、稜の模様に先々のポテンシャルを感じさせてくれます。
春の成長を開始して球体を健康的に膨らませてきた銀冠玉の苗たち、眺めて目に優しいのみならず心も和みます。


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

災い転じて…「景清」

今日の主役はマミラリア属の「景清(Mammillaria sempervivi var.caput-medusae)」です。
11年前に実生した苗です。
P3220105.jpg

永年拗れに拗れてそのうえで生き残ってきた株です。球体の下部は拗れの影響で激しく縮んでいますが、その結果年数を経たマミラリア属のサボテンとしては大変に扁平な球体になりました。
一方、昨年から急に元気を取り戻したため球体上部は健全な姿です。現在球体の上部グルリにピンクの花輪を並べ、その周囲には純白の豊かな綿毛を吹いてなかなか見ごたえある姿です。
拗れを繰り返した結果がまさに「災い転じて福をなす」で、良い見かけの球体を得たラッキーな事例でした。
但しこれも一時的な”仮の姿”です。うまく健康を維持して育ててゆけば本来の縦長の球体になって行くものと思われます。


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR