寒気を感じて赤味が出てきたルエッティー

12月も後半に入り、温室内の最低温度が5℃を下回る日が出るようになってきました。



そのような日々の中、ガッテンさんから頂いたマミラリア属の「ルエッティー」の色が微妙に変化しているのに気が付きました。



<8月ごろ> 茶色の地に緑がかった色でした。Sp7280035

<最近の姿> 袖ケ浦の台との相性抜群で、子を沢山吹いています。寒気に当たり地の緑色が失われ、全体がチョコレート色に変色しています。                Spc230018


Spc230020


Spc230022


これも紅葉のようなものでしょうか。十分に寒さを感じてもらい来春のため蕾を沢山蓄えてもらいたいものです。



 



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR