居室窓辺で栽培しているメセンたち

今日は台風襲来直前で温室が気になりますが一日出かけませんでした。居室窓辺にはリトープスやオプタルモフィルムなどのメセン類を置いて目の保養をしています。これらのメセン類、2~3年前に実生したものですが一部初開花が始まりました。名称は入手時のものをそのまま記載しております。



<グラウディナエ C116 Lithops bromfieldii var.glaudinae メサ株由来> 大きな株は直径3cmほどになりました。 蕾を上げてきています。どうやら黄花のようです。                     Sp9300078


Sp9300076



<銀世界 自然結実種子> たび型コノフィツムというやつでしょうか。             Sp9300088

<Ophtalmophyllum lydiae (Taaibosmond, W. Aggenys)> 水遣り過剰で身割れしています。割れ目から透明体の部分が見えます。まるでゼリーのようです。Sp9300080

蕾らしきものを上げてきました。
Sp9300082



<白花黄紫薫> おとなしそうな雰囲気のリトープスです。        Sp9300086



<friedrichiae Conophytum friedrichiae Sauer s.n. MSG2033由来(白花同士の交配)>



白花同士の交配ということでしたがピンク色の花が咲きました。こちらも身割れがあちこちに発生しています。            Sp9300074

初開花の初々しさが感じられます。
Sp9300072



<Rosa Lithops optica Rubra> 名前からしてもう少し赤味のある球体になるのでしょうか。                        Sp9300084

これらのメセン類、人間様の居室に同居していますので、夏は冷房冬は暖房の恩恵を受けています。東側の窓辺に置いていますので今の季節、夜明けから午前中の日差しを受けています。いつも目の前にあるのでつい水遣り過多になりがち。やや徒長、あるいはメタボ気味の苗が多いと思います。



 



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。 



 



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR