3週間ぶりの温室(1)接ぎ降ろし苗(切断苗)の発根

旅行から帰り三週間ぶりに戻った温室。その間の変化で気づいた点がいくつかあります。今日は旅行前に接ぎ降ろしのため切断した苗の発根状況について。



6月の中旬にいくつかの接ぎ木苗を接ぎ降ろしのために台の部分から切断。切断面にベンレート(殺菌剤)とオキシベロン(発根促進剤)を塗布し、旅行中に発根することを念じて棚下に静置しておきました。http://areole.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/2-d73f.html



それから約六週間経過、旅行から戻ってみると…。発根しているものとそうでないものとがありました。



<銀冠玉> 発根。台は袖ケ浦。   Sp7260665 



<瑠璃兜錦> 未発根。台は袖ケ浦。Sp7260667


Sp7260668


<四稜ヘキラン> 発根。台は袖ケ浦。Sp7260666


<黒王丸> 未発根。台はセレウス。Sp7260676


今回の結果だけを見ると、接ぎ木してからの年数が少ないもの、台の直径が小さいものほど発根するのが早い、という傾向が見られますが、少し粗すぎる推定かも知れません。



発根しているものは速やかに植え付ける予定です。





ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

No title

アレオーレ様 お帰りなさい、そしてお疲れさまでした。



私も接ぎ降し台木の発根具合が気になっていました。

未だ発根していないのが約半分あるのは予想外です。

「棚下の日陰に置いて管理する」 もしそうしたのであれば、それが原因だと思います。

直射日光がガンガン当たる、過酷な条件下に置くと発根が早いのです。

日焼けが心配ならティッシュ等を被せて。

長期間 留守にするので、そうできなかったのならわかります。



私の場合、今春から15個ほど降ろしたのですが、全て発根しました。

特に今頃は高温だから2週間ほどで発根します。


No title

ガッテンさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

毎回大変に参考になります。

今回棚下に置いたのは、単純にスペースの問題でしたが、直射日光下に置いた方が発根が良いとは知りませんでした。

今回の接ぎ降ろしのグループでまだ発根していないものはまだしばらく高温が続きますので、このまま様子見しようと思います。

まだ接ぎ降ろししたい苗が10本ほどあり、7月末と時期的には微妙ですが、直射日光化に置くことを条件にトライしてみます。


No title

お帰りなさい。

ブログランキングが落ちてゆくのが正視できませんでしたよ。

また楽しい記事を読ませてください。


No title

みねさん、こんばんは。

いつもつたないブログをご覧いただきありがとうございます。

ランキングが下がるのはその間投稿していなかったので致し方ないことだと思っておりますが、投稿を再開しましたのでそれなりにランキングで皆様にご評価いただけるよう、努力いたします。

今後とも応援よろしくお願い申し上げます。


非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR