弁慶の色変わり

エキノカクタス属の一部のサボテンは幼苗のうちは球体に紫色の縞模様が入るものがあるといわれています。



事実実生5年目のうちの弁慶も鮮明な紫色の縞模様が球体上に浮きあがっていました。                        Sp1060424

上の画像は今年1月のものです。



最近になりどうなっているかと確認してみると、…Sp6200434

不思議なことに縞模様はほとんど消えています。素ガラス下の直射の陽光をほぼ終日受けています。原産地の状況を想像すると、縞模様による遮光は必要ないのでしょう。



このまま縞模様は消失してしまうのでしょうか。それとも冬になるとまた現れてくるのでしょうか。個人的想像では後者だと思います。



原色サボテン事典によるとこの弁慶、最終的には直径1m、高さ2mほどになるといいます。まあその大きさになるまであと100年はかかるでしょう。



フフフッ、上等だ。付き合えるところまで付き合ってやろうじゃないの!ちび弁慶君。





ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。



 



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR