亀甲牡丹にできる変な組織

アリオカルプス属の亀甲牡丹は、ネットオークションで比較的安価に大量の種を入手することが可能です。そんな理由で数多くの実生苗を育てています。



実生してまだ2~3年目の苗は小さいので大平鉢に60本近くの苗を詰め込んで寄せ植えしていますが、それらの中の数本へんてこな組織を有するものが出てきました。



Sp6240029

左から三列目と7列目の上から4本目の苗。小さなピンク色の花のように見えるのは何でしょうか。



拡大して撮影してみました。                Sp6240025


Sp6240027



な、なんだこれは?何か別の植物が寄生しているのでしょうか。それともサボテンの癌?



少なくとも亀甲牡の花ではないことぐらいは私にもわかりますが、それ以上のことは分かりません。取り除くべきかどうかも分かりませんので、取り敢えずこのままにしておいて成り行きを見守ります。





ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。



 



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR