高層マンションの窓辺に生きるリト・コノたち

普段は横浜の温室に置いているサボテンについてお伝えしていますが、今日は趣向を変えて自宅川崎にある高層マンションの東側窓辺に置いてあるリトープス、コノフィツム等について。



昨年夏に室内をリフォームしたのをきっかけに、自宅マンションの窓辺にリトープス、コノフィツムを置いて、この場所でこれらの植物が生きて行けるのか試しています。鉢は室内側にありますのでエアコンや床暖房の恩恵を受け終年15℃~25℃の温度のもとにあります。東側に面していますので朝のうち2~4時間陽光が当たります。



鉢は2.5号素焼き鉢の外側にプラスチック鉢を被せ、さらに下に水受けとして素焼きに皿を置いています。用土はサボテン用を転用、水遣りは終年素焼き鉢の表面が乾燥したらやっています。



そんなことで、これら多肉植物の栽培法については詳しくありませんので、数本の苗は枯れてしまいました。生き残りの苗たちの現状を以下に画像で。          



 





オフタルモフィルム リディアエ:綺麗で良いが、一本だけになってしまった。          Sp5310001


コノフィツム ミニタム:皮をかぶって休眠中Sp5310002


コノフィツム カルキュラス:皮をかぶって永眠へ?もうだめかも。Sp5310003


オフタルモフィルム パラエセクタムSB:透明窓がきれいです。Sp5310004


リトープス オプチカルブラ:実生1.5年。まだ小さいSp5310005


リトープス 麗虹玉、福来玉:脱皮をして新しい球体が出てきたが古い球体もまだ元気そう。こんなんで良いのかしら。           Sp5310006_2



ブルビネ メセンブリアンテモイデス:盛んに花芽を上げてくる。相手がいない。Sp5310007


リトープス 白花黄紫勲:緑色の球体がきれい。まともに脱皮中。Sp5310008


コノフィツム 銀世界:密かに脱皮中Sp5310009


コノフィツム フリードリッヒ・・:元気に増殖中です。Sp5310010


リトープス グラウディナエ:リトの中でもかなりの強健種。Sp5310011


リトープス 丸貴玉:地味で丈夫。 Sp5310012


リトープス 富貴玉:これも地味で丈夫
Sp5310013

リトープス 光陽玉:栗の実のような色Sp5310014

帝玉:新入り
Sp5310015

紫帝玉:これも新入り
Sp5310016

リトープス 日輪玉:これも今年の実生苗。
Sp5310017

環境も育て方もベストとは言えないでしょうが、みな頑張って生きています。



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR