花座のできる柱サボテン:コリオセファロケレウスアウレウスの初開花

温室内で異彩を放つ南米ブラジルミナスゼライス原産の柱サボテン、コリオセファロケレウスアウレウスです。                                  


 




このサボテン、妙齢になるとまるで刺が混じったクリームを成長点から垂らしたような奇妙な花座を作ることで知られています。                                      


 


4年前の春に直径3cmほどの小さな苗で我が家にやってきたこのサボテン、ようやく花座を上げて初開花を見せてくれました。南米産のサボテンですので用土を酸性にして、冬場に極端な冷気に晒さなければ基本的には柱サボテンですので丈夫で旺盛な成長を見せてくれます。


 


ただし柱サボテンといえども個体差が大きく、柱状に育つものから扁平な球体のまま大きくなるものなど様々です。うちのコリオセファロケレウスアウレウスは扁平のままどんどん大きくなってきています。


 


前置きが長くなりました。それではこの4年間の成長を画像で振り返ってみましょう。               


 


 


<2013年4月> 我が家に来た直後。直径3cmで、刺は曲がってまだ柔らかかったです。                S201304 


 


<2014年4月> 刺がシャンと伸びました。触るとバリバリに硬かった。S201404 


 


<2015年4月> 球体がかなり大きくなってきました。画像にはありませんがこの頃から年に一つずつ子を吹き始めました。      S201504 


 


<2016年4月> 球体は扁平のまま直径10cmを超えました。S201604 


 


<2016年10月> 成長点付近に黄色い塊ができてきました。どうやら花座ができつつあるらしい。                     S201610_2 


 


<2017年2月> 花座から花が現れてきました。初開花です。黄色い地味な花です。                  201702 P2230495 


 


現在の直径13cm。これから上に伸びて柱サボテンの本領を見せてくれるのでしょうか。それともさらに横に広がって堂々たる球体になってゆくのでしょうか。面白いサボテンです。


 


 


 




















ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。





 


 


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR