ハマトカクタス属のハマタカンサスグループの何か?

今日の主役は三年前にたにさぼ実生クラブさんから頂いた種を実生したサボテンです。頂いた時の名前は「hamatacanthus」。全部で5株あります。



 



一番伸び伸びと育っている株です。長い刺は球体の高さぐらいあります。011

こちらはやや刺の短いタイプ。ただし同じロットから出た苗です。
015

こちらは長刺タイプ。最近までギュウギュウに寄せ植えされてきたためか少し歪んでします。
021

こちらは小さいですが子を吹いて来ました。
019

この株は子を吹いてきたのではなく、もともと多数に分頭していました。
017

佐藤勉著「原色サボテン辞典」には、hamatocactus 属のhamatacanths と言う名のグループのサボテンは6種類が掲載されております。画像を比較して本日の主役のサボテンは大碇(Hamatocactus hamatacanthus Muehlp)あるいはロンギハマタ(Hamatocactus hamatacanthus “longihamatus”)のいずれかであろうと思われます。





 



ところで、3年前は名前はどうであれ、綺麗に魅力ある姿に育てばそれでいいと思っていました。しかし、最近は正確な名前がないと気になり、さらにFN付きのものを重んじるように自分が変わってきたように思います。病がますます高じてきた証でしょうか。



 



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR