綴化苗の出現率は? 菊水実生

”菊水綴化”としてネットオークションで入手した種子。2019年6月に播種しました。それから2年、60株近くが生き残っています。さて、綴れた苗はどれだけ出現したでしょうか。


P7220101


上から順に横に一行、二行と数え、その各行において左から順に一列に列と数えます。画像一番上左隅は一行一列ですが、これを1-1と表示します。


第一列左から二番目の苗は明らかに綴れが始まっていますよね。これを(1-2)と表示します。


全体を見渡して、


明らかに綴れている苗:3株:1-2/1-7/5-6


綴れが始まっている株:3株:1-3/3-6/4-8


双頭株:1株:5-7


三頭株:1株:8-9


想像しているよりかなり高い確率で綴れ株が出現していることが分かりました。


しかも、一年前に確認したときより綴れ株が増えています。この一年で正常な見かけの株の一部が綴れに変化したということです。


接ぎ木として、袖ケ浦の台と菊水の穂とはかなり良い相性があると経験しています。もう少し大きく育ててから一部を接ぎ木してみようと思っています。


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


アレオーレのブログ - にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

きれいに綴化してきていますね。これからたのしみですね。

ナピナも優等生がいますね・・今後楽しみですね

僕もエリオシケの実生を現在進行形ですがなかなか発芽しないで苦戦中です。

それにほかにも塊根類をしていますがこれも苦戦していますが手のかかる物ほど

したくなります。

それに臥牛も成長楽しみに育てていますが、成長が遅く・・なかなか見ごたえのないかんじですが

渋いサボテン・塊根・多肉は成長に時間がかかり花も開花させないんですよね。

気難しいからなのか・・


No title

けんちくやさん、お早うございます。

菊水綴化は予想以上の結果でした。

綴れが遺伝するとは半信半疑でしたが、こんな多くの苗が綴れるとは驚きでした。

ナピナはまだよくわからないサボテンです。

同じような見かけのサボテン数種も実生中ですが、成長は遅いですね。

私も3年前から臥牛を実生しています。育て方が悪いのでビローンとだらしなく伸びてしまっています。


非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR