天性でヒョロヒョロとしたサボテンたち

玉さぼてんの標準的な形状は球形、あるいは長球形。上手くつくって平たくできればベストですね。



でも生来扁平には成り得ず、うまく育てるほどにヒョロヒョロと間延びするヘンテコなサボテンたちがいます。



【奇想丸】 名前からして奇想天外。ヒョロヒョロとあちらこちらに好き放題に伸びて寄せ植えには適していないようです。Dscn1127
開花しても奇想天外な姿です。Photo

【蕪城丸vミニマ】 発芽してからずっとマッチ棒のような姿です。実生後すでに3年近く経過しています。頭頂部に小さな花を咲かせます。              Dscn1208



【サブテラネウス】 こちらは成長につれ段々とひょろ長くなってきたサボテンです。ネットで調べるともっとヒョロヒョロしたものが見受けられます。画像の苗は少しメタボかも知れません。Dscn1217
3月頃、球体の割には大きなピンク色の中筋の花を咲かせます。Dscn8747

【(番外)翠光冠】 ギムノカリキウム属の翠光冠は本来偏平な玉サボテンです。この翠光冠は入手して20年以上になりますが、ある時期から幅方向への成長はあきらめ?、ひたすら縦方向に伸び始めました。マミラリアなどで古い株にはよく見られますが、小型サボテンが年を重ねると柱サボテン化するものがあるようです。Dscn1541
ここまで来ると、胴切り整形して普通のサボテンにするよりは、このままどんどん上に伸ばしてどこまでゆくか見守ってゆくほうが面白いと思っています。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR