アリオカルプス属岩牡丹の実生苗:この2年間の歩み

2013年2月にアリオカルプス属岩牡丹の種をサクシードから入手しました。早速50粒の種を蒔き、30本以上が発芽し、ひと月後の3月に第一回目の植え替えを行いました。以下、その後の成長を振り返ってみましょう。



【2013年4月】 発芽から約2ヶ月、第一回目の植え替えから1ヶ月が経過しています。まだ属の特徴は出ておらず、種の特定をできる姿ではありません。201304



【2013年8月】 球体上部から2~3個の疣が出来ています。この段階になるとアリオカルプスであることが特定できます。201308



【2013年12月】 第二回目の植え替えをしています。ようやくしっかりした苗になってきました。細い疣がよく発達していて外見上アガベ牡丹のようにも見えます。              201312



【2014年4月】 成長の良い6本の苗を一つの鉢に寄せ植えしました。まだまだ幼苗らしさが残っています。 201404  



【2014年8月】 一つ一つの疣に厚みが出てきました。ここまでくればもう簡単に枯れるようなことはありません。201408



【2014年12月】 成長期に入り更に疣の数が増えてきました。201412



【2015年4月】 春を迎え、球体の色がみずみずしくなってきました。やっと岩牡丹らしさが出てきました。  201504

岩牡丹は、いわゆる黒牡丹などのロゼオカルプスより成長は早いですが、花牡丹、三角牡丹などより明らかに成長速度は緩慢です。しかし、その姿を見ていると、これから先、どこかの段階で急速な成長を見せるような気がしてなりません。


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR