ルリ兜錦実生接ぎ苗の首の部分は台なの?それとも穂?

昨年秋に袖ヶ浦に実生接ぎした瑠璃兜錦が順調に大きくなっています。        Dscn6575

最近首の部分にコブのようなものが出てきました。Dscn6576

もう少し正面から寄ってみます。Dscn6935

穂と台との接合部にちょうど首のような融合組織が出来ています。見かけは「木」のように見えます。この部分から出てきたのは、刺がなく綿毛が見えることから、どうやら「穂」である「兜」のようです。融合組織なので両者が入り混じった組織になっているのかと思っていましたが、どうやらこの部分は「穂」の一部のようです。



この「子兜」、出てきた位置がルリ兜錦の斑のない部分に近いので、斑なしになるのか、それとも斑の入ったものになるのでしょうか。もう少し様子を見る必要がありそうです。



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR