銀冠玉実生苗の身割れを探るのだが…

銀冠玉の2年目実生苗の一つが身割れしているのを見つけました。



疣の谷間に沿ってパックリと身割れしています。131

この苗の寄せ植え鉢を同じアングルから定期的に撮った画像がありますので、時間を巻き戻して変化を辿ってみましょう。



1月31日:上の画像と同日同時です。              131_2                   1月29日 :二日前に小さな傷が出来ていました。身割れの始まりです。129
1月27日:4日前。わずかに白く変色した”点”が認められます。身割れの前兆でしょうか。              127
1月25日:さらに”点”の前兆らしきものが。              125
昨年12月14日:全く異常は認められません。          014

疣や稜の谷間に身割れが起きやすいことは容易に想像がつきますが、どの様な苗に身割れが起きやすいかについては、上の写真を見比べた程度では知る由もありません。



身割れの直接の原因は、長期乾燥後に久しぶりに潅水したことにあると思われます。しかし、身割れの予防は乾燥・潅水を繰り返すサボテン栽培では宿命的な課題です。

事後的な対症療法としては、致命傷にならないよう、傷口に殺菌剤を塗布することぐらいでしょうか。醜くなった傷跡は、早く成長させて球体下部に追いやり目立たないようにするしかありません。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR