白斜子の実生苗(二年目)が開花しました。

昨年春に実生した白斜子が初開花しました。Dscn4331

パール色の花はなかなか上品な趣があります。球体の見かけは刺の特徴など、精巧殿によく似ていますが、ネットで調べると少しややこしいものでした。



まず、「属」ですが「マミラリア(Mammillaria)」とするものと、ソリシア(Solisia)とするものがあり、種についてもペクチニフェラ( pectinifera )とするものとペクチナタ(pectinata)とするものがあります。ユーベルマニア属にもおなじみの「ペクチニフェラ」があるのでますますややこしい。まるでカメハメハのように、♪覚えやすいがややこしい。♪ 真実は私には分かりません。



確かに花付きを見ると精巧殿のように頂部につくのではなく、球体側面から花茎がつき出ています。この点からはマミラリアらしい特徴が見られます。Dscn4333

ワシントン条約附属書Ⅰに記載の本種、現地では絶滅が危惧されているようですが、栽培界での種(たね)はそれほど困難もなく入手可能です。地球の反対側にある日本の各地で花を咲かせていることに不思議な感覚を覚えます。



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR