どうする? エキノフォースロカクタス

20数年前、友人から分けてもらって育ててきたエキノフォースロカクタスの元気がありません。



最近の姿です。成長点は動いており生きてはいそうなのですが、全く元気がありません。 球体の下半分は茶色に変色しており、なんとも醜い姿に成り果てています。               20151
もともと、何本か分けてもらったうちの一番刺が長い苗で、それなりに大事にしてきたのですが、手抜き栽培の期間が長くその間にこじれてしまったのでしょうか。それとも寿命?



過去の画像がありますので振り返ってみましょう。



2003年9月。まだ若々しい。  20039

2009年11月。画像が不鮮明ですが、この頃が長い刺が多く出て一番見ごろであったような気がします。    200911

2013年5月。長い手抜き栽培期間の最後の頃。下半分が茶色に変色。2013

2014年4月。ご機嫌が戻りません。花柄があるので開花してはいるようです。2014
機嫌が悪いというよりは、やはり老化しているのでしょうか。



サボテン農家であれば疾うに廃棄されているような苗でしょうが、趣味家としては、いろいろな思い出も詰まっているのでなんとか救いたいところ。とは言ってこの状態ではなんとも我慢できないところです。いっそ、胴切り(あまり好きではありませんが…)でもしてみましょうか。



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。よろしければ応援の「ポチッ」をお願いいたします。







にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR