エキノマスタス属の「ラウイ(虎爪丸)」初開花間近

2017年4月に松江市のI さんからお送りいただいたエキノマスタス属の「虎爪丸」。正式には Echinomastus lauii SB525。当時の画像が残っていました。2017年ですからちょうど5年前になります。
P4120002a.jpg

球体の直径が2.5~3cmぐらいの大きさでした。実生してから2~3年の苗でしょうか。虎の爪というよりは針というのが適当な棘でした。
それから5年経ち、これらの苗も猛獣らしさが出てきました。
P3150347a.jpgP3150346a.jpg
やはり一番の特徴はその名の示す通りの虎の爪を想起させるような強い棘でしょうか。
さらに棘と同じような色彩で目立ちませんが生長点付近から蕾が顔を出しています。
P3210073a.jpgP3210070a.jpg
ギムノの地味な花を連想させるような色彩の蕾です。
考えてみればこの花が咲けばこれら虎爪丸の初開花になります。ということは、虎爪丸は実生してから7~8年を経て初開花する、ということになります。
ともあれ、なかなか入手できない虎爪丸の開花がそろうのですから、ここはぜひ交配を行って種子を提供してもらいたいところです。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

エキノマスタス・・刺しはとてもきれいでいいですね。刺しの良さは最近になり興味持ち実生というところですが8年ですか開花・・興味湧くサボテンはどれも人の気を持たせるものが多いな改めてここに思いますが開花見たくなりますね。虎爪丸

No title

けんちくやさん、こんばんは。
虎爪丸は派手さはありませんが、棘花ともとても渋く玄人受けする姿ですね。
開花まで8年というのは小型サボテンとしてはやや長いなという気がしますが、難物エキノマスタス属ということで納得です。
非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR