メロカクタス属「マタンザヌス」これも実生8年生

今宵のブログの主役もメロカクタス属のサボテンです。三夜目の今宵は「マタンザヌス」、実生8年生の苗です。通常開花年齢となったサボテンは次世代確保のため二株以上確保していますが、メロカクタスのサボテンは自家受粉するためこのマタンザヌスは一本だけ残してあります。


P3220011 P3220012


御覧の様に少し調子を崩しています。昨秋念のため植え替えました。最近になり鉢底から根が出てきましたので生きてはいると思います。


しかしやはり一本だけ残すというのはリスクがありますね。まあマタンザヌスは市中でいつでも入手可能ですからこれで良しとします。


このマタンザヌス、2013年に実生し5年後に花座を形成し始めました。メロカクタス属のサボテンとしては早いほうであると思います。


その特徴はメロにしては小さな球体(主球)と鮮やかなオレンジ色の花座でしょうね。厳冬期を除き周年開花しそのほとんどが結実します。そして忘れた頃に明るいピンク色の花座を揚げてきます。


それにしても主球が小さい分花座が目立ちます。丁度、兜巾(ときん)の良く発達したランチュウを見ているようです。


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


アレオーレのブログ - にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR