実生10年生「天城」

2013年6月にネットオークションで入手した種子を実生したフェロカクタス属の「天城」です。10年後の現在1本の苗を維持しています。
P1090045.jpg
球体の直径は11cm程。全体としてホマロケファラ属の「綾波」に似ていますが、綾波は鍵刺であるのに対し本種は直刺である点が異なります。
同じ強刺である金鯱や巨鷲玉に比べると成長は遅いですが、フェロカクタス属のサボテンとしてはこんなものかと。
本種の見どころは、優しげに見える球体とそれに反するような鋭い刺との対比でしょうか。
本種は仙台の地で”さぼてらねあ帝国”を主宰される砂漠仙人さんがとても良い姿に育った苗を何本かお持ちで、それを目標に育てています。
私の方は2年前から本種を通風型栽培室に置いて、姿に磨きをかけようと狙っていますが砂漠仙人さんをキャッチアップできるでしょうか。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

素晴らしい選抜株

そんなそんな、いやはやどうも恐縮ですv-390。こちらでは悪い見本ワンサカ盛り沢山、とても目標になるもの全然なし、むしろこのような手抜き栽培してならない、という反面教師の意味での参考にはなりそうです。
アレオーレ様の天城は、栴檀は双葉より芳し、の諺の通り、とても優れた選抜品のようにお見受けしますし、これから先、益々良いものになるような感じがしております。また時々拝見させて下さい。それではまた・・・
非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR