みんな悩んで大きくなった

ここ数日温暖な日が続き、春の植え替え作業が進んでいます。今日は温室南東側にあるフェロ、ギムノなどの強刺類を植え替えました。


植え替え後、棚に並べた苗たちです。


P2210010


P2210011


普段温室内の棚に並んでいると定かに分かりませんが、一つ一つ取り上げてつぶさに眺めると皆この一年でかなり大きくなっています。


画像の苗は全て実生8年生以上、径が10~15cmほどの中~大苗です。これらの苗はこれまで原則毎年植え替えてきました。しかしその重さや刺の厳しさは70歳過ぎの爺さんにはもう限界です。


次回から植え替えは二年ごととし、これまで用土中に潜ませていた”完熟乾燥牛糞”の投入もやめました。球体の成長を抑制しつつ刺だけ美しく成長させようとする作戦です。ご不満あるサボちゃんたちもいらっしゃるでしょうが、爺さんの体力の衰えもご考慮に入れていただければ幸いであります。


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


アレオーレのブログ - にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

アレオーレ様こんばんわ。 植え替え大変でしたでしょうけど、どれも元気に生き生きとして素晴らしいです。強刺類これだけあれば見事なもんです。綾波も何本か集めておられたのですね。当帝国ブログでも懐かしくなって載せてみたくなりました。そのうちご覧いただければ幸いです。


No title

砂漠仙人様、コメントありがとうございます。

サボテンが成長してどんどん大きくなっていくのに対して、こちらは年々衰えてゆく。悲しいことではありますが、両方とも衰えてゆくよりはまし?

北国育ちの綾波、刺が美しいものと想像します。期待して待っています。


非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR