小さくともきらりと光る強刺類幼苗

今日のブログの主役は、成長が遅くなかなか見ごたえある大きさにはなりませんが、それでもきらりと光る小さな強刺類幼苗たちです。直径はまだ4cm程度です。


 


<黄刺金冠竜> 自家実生苗で5年経っています。赤刺のものもありそちらはもう少し大きく育っています。金冠竜は黄刺、赤刺がありますが個人的には黄刺の方が好みです。


Pc230010


 


<黄刺巨鷲玉> この苗はいっちゃんさんから頂いたもの。本家巨鷲玉は赤刺ですが本種はその黄刺変種です。今のところノーマル巨鷲玉の様に容易にこじれることはありませんでしたが、その成長は遅いです。でもこの大きさから幅の広い強刺を揚げてきて将来が楽しみです。


Pc230009


<紫禁城> 知る人ぞ知るサボテン界の雄、紫禁城です。この苗もいっちゃんさんからのプレゼント。今日ご紹介する三種の中で最も巨大になるサボテンです。いや、フェロカクタス属の中で最も大きくなります。あのエキノカクタスの「巌」、「弁慶」や「春雷」よりも大きくなりそうな超巨大種。でも今は直径4cm、高さ5cm程度の幼苗です。その高さが1mを超えるぐらいになるまであと何10年かかる事か。栽培者のリレーは必須ですね。バトンを次に渡すべき栽培者は既に心に決めておりますが…。


Pc230008


 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


アレオーレのブログ - にほんブログ村


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR