亀甲牡丹錦 接ぎ木苗

2016年に袖ケ浦の台に接ぎ木した亀甲牡丹錦の苗です。P8280183


ここ数年の変化を振り返ってみましょう。


 


<2018年 >


Spa240155


 


<2019年>


Sp8080005_20190812202301


御覧のように大味であった斑の部分の模様が次第に複雑に変化してきています。そして斑の面積割合が減少して緑の部分が多くなってきました。穂の光合成だけで何とか生きてゆけそうです。


もともと短い台木であったので、このまま穂を成長させたうえで台木を地中に埋め、接ぎ降ろしを省略できたらなと思っています。


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


アレオーレのブログ - にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR