黒王丸の台木をいろいろ試してみる

黒王丸は成長の遅いサボテンです。それほど気の長くない私は接ぎ木を利用してその成長を早めることを試しています。


 


(1)親木


 30年以上前に五十鈴園さんから入手した苗です。途中生長点障害を起こし球体側部からたくさんの子を吹いてきました。これらの子を掻き取り、挿し木や接ぎ木で苗の数を増やしています。以下の記事に出てくる黒王丸はすべてこの親木から出た掻き子です。


P8220066


 


(2)挿し木自根苗


 7年ほど前に挿し木した自根苗です。長球形で親苗と同じ球体形状をしています。


P8220087


 


(3)セレウスを台にした接ぎ木苗


 セレウスの台木に接いで大きくし、その後接ぎ降ろしました。子をたくさん吹いていますが、本体は縦長に育つ傾向にあります。


P8220088


 


(4)長盛丸を台にした接ぎ木苗 


 プシスの長盛丸を台にして肥培しそのまま(接ぎ降ろしせず)育てています。台は地中にあり目立ちません。親木に比べて真球形に近い球体に育っています。


P8220068


 


(5)袖ケ浦を台にした接ぎ木苗


 この苗はまだ接ぎ降ろしてはいません。球体は真球形に近い形状に育っています。


P8140057


 


(6)大豪丸を台にした接ぎ木苗


 この接ぎ穂はもともとセレウスの台に載せて大きくしたもので、接ぎ降ろしに失敗し改めて大豪丸の台に接いだものです。接いでからまだ半年しか経過しておりませんが、真球形に近い球体に育ちつつあります。穂が十分に肥培できれば台を地中に埋めて、接ぎ降ろしは必要なさそうです。


P7250004


 


n数が少ないので断定はできませんが、黒王丸の接ぎ木をする際の台木はプシス系のサボテンが良さそうです。穂が真球形に育つ傾向があり、接ぎ降ろしが必要ない場合が多いからです。


袖ケ浦に接ぐのも悪くありません。穂が真球形に育ち、成長も早いです。ただ接ぎ降ろしの際に発根しないというリスクがあります。


セレウスを台にすると穂は爆発的に成長しますが、接ぎ降ろしの際に発根に苦労します。また、発根しても穂が縦長に伸びる傾向がありそうです。


 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


アレオーレのブログ - にほんブログ村


<ヤフオク出品情報> 本日兜丸、瑠璃兜、ミラクル兜、スーパー兜、翠平丸、月世界、マルコシー、牡丹玉、メロカクタス種子三点セットなど17点を出品しました。


P8250004


詳細はこちらをご覧ください。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR