白斜子の袖ケ浦接ぎ木苗と赤ダニ

袖ケ浦の台に接いだ白斜子です。接いでから5年経過しており、すでに接ぎ降ろしています。3本あります。


P7120374 P7120371 P7120370


いずれの苗も直径4cmぐらい、高さは10cmを超えており、自根苗では実現が難しい大きさまで育っています。


毎年の成長の跡がクビレになって残っており、毎年早春にこの部分ぐるりピンクの花を咲かせ、その後その上の部分が成長して膨らむことを繰り返しています。


 


この白斜子、意外と赤ダニさんの好物で、その微細な刺とその内側にある球体との間に巣食います。初期のうちは刺の影に隠れてなかなか発見することができませんが、大繁殖すると刺の上にまで現れてうようよ動き回ります。


このダニ被害を防ぐには予防的に殺ダニ剤を定期散布するのがベストと考えています。赤ダニはサイズが小さく、実際に見つけたときには既にかなり被害が広がってしまっていることが多いです。


そういえば自根で育っている白斜子には赤ダニは着きませんね。袖ケ浦の台からたっぷり栄養をもらって太っている球体の方がおいしいのでしょうか。


 


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


アレオーレのブログ - にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR