このまま行くのも良し

昨年初冬にロフォフォラ属「銀冠玉錦」の竜神木を台にした接ぎ木苗を入手しました。P1090764


小さな子を沢山吹いているのでこれを掻き落として袖ケ浦の台に載せ、銀冠玉錦の苗を量産する目論見でした。


いくつかの掻き子を接いでみた一例です。


P3040256


まあ、そこそこ良い苗になりつつあります。


その後じっくりと親の接ぎ木苗の養生育成した結果…


P3280085


主頭も大きく色つやも美しくなりました。また新たに子を沢山吹いてきて賑やかな様子です。


掻き子→接ぎ木の行程を中止して、このまま銀冠玉錦の群生株を育てるのもありか、という気がしてきました。


更に子の中に緑の部分が多いものが増えてくれば接ぎ降ろしも可能かもしれませんね。


 


 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは、掻き子→接ぎ木の行程を中止して、銀冠玉錦の群生株を育てるのもいいですね・・少しづつ緑が多いのが気がかりですね・・・うちも錦を接ぎ木して育てているものありますが途中からしっかり緑が強くなってしまうことが多いので難しいですよね。

今年は実生をと思い色々種子を購入して蒔いていますが天気が不安定で困ったものです。来週は白星蒔いてみようと思っています。


No title

けんちくやさん、コメントありがとうございます。

同じ銀冠玉錦といってもいろいろな斑まわりがあって、なかなか思い通りのものにはならないようです。

この時期からはサボテン実生のためのベストシーズンですね。苗の成長も目を見張るものもあり、楽しみな季節です。


非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR