黒王丸接ぎ降ろし苗 群生株の予感

黒王丸のカキ子をセレウスの台に接いで、その後接ぎ降ろしました。接ぎ台に載って成長している時点では極めて順調で一年半ほどで直径10cm程に育ちました。その後の接ぎ降ろしの過程ではなかなか発根せず、ひやひやしましたが発根確認後はまた順調に成長を再開しています。


P1190227z


このところあちこちのアレオーレから子を吹き始め、現在その数は10を超えてきました。これもセレウス台の根の勢いが強いからだと思われます。このまま勢いに任せ、どんな姿の群生になるのか見守りたいと思います。


 


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


 


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR