冬の金鯱

冬のこの時期、一見動きのない金鯱をじっと眺めています。


<大苗> 昨年秋に二年ぶりに植え替えました。温室東側の通路に置いています。二和園さんで「短刺金鯱」として野球のボールほどの大きさの苗を購入してから30年以上経過しました。直径は45cmほどになりました。P1190222a


金鯱は冬場に5℃以上に保つと機嫌が良いとの説があり、念のためにサーモスタット付きの電熱ヒータを設置しています。しかし暖冬の今年、これまでのところヒータの出番はなかったようです。鉢は午前中いっぱい陽光を受けて温められていますので、すでに根を伸ばし始めている気配があります。天気予報で晴れ間の続きそうなときには軽く潅水をしています。


 


<中苗> 4年前の夏に安曇野の高木カクタスさんから購入した二本の苗です。大分大きくなりました。


P1190232a


水遣り直後の画像です。逆光の下、刺が白く輝いています。手前はメロカクタス属のロンギスピナ、奥はマミラリア属の白珠丸です。


これらの苗は温室南側の素ガラス下に置いてあり、陽だまりの中で育っています。冬場の潅水は10日間に一回程度、晴れの日に軽く与えています。


 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR