帝冠錦実生苗二年目

今日のブログの主役は帝冠錦実生苗です。


昨年夏に自家産の帝冠錦の種子を蒔きました。


その種子の両親です。


<[E:#x2642]> 花粉親のこちらの苗は斑入りではありません。疣先が黄色に見えるのは強光による変色です。


Spc250141


<[E:#x2640]> こちらが斑入り苗。あまり鮮明な斑ではないのが残念なところです。


Spc250140


いずれの親苗も2013年に実生した自根苗です。


その種子の発芽から1か月後の姿です。


Spb240004


26本の苗のうち8~9本の苗に斑が入っているのが分かります。


それからさらに1年と4カ月経過した現在…


Spc250110


未だ23本の苗が生き残っています。帝冠錦の幼苗としては上出来の成績。それらのうち明らかな斑入りの苗が9本。球体色が緑色ではなくこれから斑が入ってくるような雰囲気を漂わせている苗が6本あります。


特筆すべきは、[E:#x2640]親苗がぼけた斑模様の苗であったのに対し、その子のこれらの苗に現れた斑はかなり鮮明であることです。今後どのように変化してゆくでしょうか。楽しみなところではあります。


これらの幼苗はこれまで接ぎ木したいところをぐっと我慢して来ました。今後とも自根の安全運転で行こうと考えています。


 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


 


<ヤフオク出品情報>


象牙牡丹、花牡丹類三点、太平丸、桜月など8点を出品いたしました。ご興味をお持ちの方はこちらをクリックして覗いてみて下さい。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR