ヘキラン錦のキリンさん接ぎ降ろし苗

逆刺が指に刺さってうっとうしいので、キリンウチワを台にした接ぎ木はあまりやりません。しかし、昨年気まぐれに何本かのヘキラン錦の実生接ぎをしたことがありました。あまり成功もおぼつかない感触でしたのでプランターに植えたままの苗をずっと戸外に放置していました。


この秋、気が付くと数本の苗が活着してやや大きくなりつつあったので慌てて接ぎ降ろしました。


それから三月経過。4本の苗に根が出てきたようで、球体が膨らみ始めました。


Pc250135


いろいろなタイプの苗が出てきています。それぞれ拡大して見てみましょう。


 


これは典型的なヘキランです。球体の半分はかなり良い斑まわり。反対側は凡庸です。


Pc280024


こちらも典型的ヘキランです。斑まわりだけでなく全体に迫力に欠ける苗です。


Pc280026


こちらの苗はグチャグチャ凸凹してへんてこな見かけです。複隆の気配がありそうですが、美しい幾何学的形状を特徴とするヘキランにあっては邪道。好みではありません。


Pc280025


こちらは四角ランポー。先祖返りでもしたのでしょうか。それとも私の記憶違いで一本だけ四角ランポーを接いでしまったのでしょうか。


Pc280027


元来、成長旺盛なヘキランのこと、キリンさんの根を得てこれからどのように成長してゆくのか楽しみが増えました。


 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


<ヤフオク出品情報>


象牙牡丹、花牡丹類三点、太平丸、桜月など8点を出品いたしました。ご興味をお持ちの方はこちらをクリックして覗いてみて下さい。


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR