竜角牡丹 秋の開花

牡丹類の中でもかなり気難しい部類に入る竜角牡丹。うちの温室内では数少ないサボテンの一つですが、それぞれに秋の開花時期を迎えています。


古い順に登場してもらいましょう。


 


下の画像の株は30年以上前に名古屋の五十鈴園さんから通信販売で購入したものです。長い間の手抜き栽培でも生き残ってきました。この5~6年は丁寧に扱っているのですが、やっと生きているような状態が続いています。ただ毎年秋には律儀に1~2輪の花を咲かせます。今年も一輪だけ蕾を覗かせています。


Spa290209


 


下の二画像の苗は、本格的に実生を始めた2013年に播種した6年生の二株です。自根で育てているためかなかなか大きくなりません。まだ直径が3.5cm程度です。ただ今年の秋は蕾を上げてきました。実生6年目にして初開花です。自根の牡丹類の中では一番年数がかかりました。


Spa290345 Spa290348


 


下の画像の苗は三年前に袖ケ浦の台に接いだ苗です。接ぎ木の威力で多くの蕾を抱いています。疣幅も自根のものよりかなり大きいです。


Spa290104


 


下の画像の苗は昨年秋に袖ケ浦に接いだ苗です。一年目で早くも開花しました。竜角牡丹の花色は牡丹類の中でも最高であると思います。


Spa290039 Spa290315 Spa290320


こうしてみると同じ秋の開花期間内でも若い苗ほど開花するのが早いことに気が付きました。


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR