自家産種子からの実生苗、そろそろ植え替え時

昨年の夏から秋にかけて蒔いた自家産種子の苗が一年経ち、そろそろ植え替えようかと思わせる大きさに育ってきました。


 


<エピテランサ属「月世界」> メロカクタスが二本紛れ込んでいます。ひっくり返っている苗は手荒な水遣りによるもの。


Sp9200007


 


<ロフォフォラ属「烏羽玉」> 現時点で育ちは悪いですが双頭の苗が結構ありますので、これらはひとまとめにして植え替えます。


Sp9200038


<銀冠玉・烏羽玉混合> 隙間があるのは消滅したり、接ぎ木の穂としてピックアップした苗の跡です。結実した種がある程度まとまってから植え、それを複数回繰り返しましたので蒔いた時期により大きさにばらつきがあります。


Sp9200037


これから11月初旬まで、秋の植替え作業が忙しくなりそうです。涼しくなって快適な作業ができるようになりましたので気が楽です。


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


 

スポンサーサイト



コメント

No title

今年は僕も銀冠玉・象牙丸・黒刺凰頭・グリーン天司丸・海王丸等植え替えをしなくてはいけないのですが、どうも仕事で年末休みが取れるか取れないかの時3日間に行おうかと思っています・・銀冠は発芽率良く楽しみにしていましたが・・・あっという間に暑さで消えかけています。それでもすくすく成長しているもの見ると嬉しいですね。


No title

derosabr3104 |さん、コメントありがとうございます。

植え替えは栽培数が増えてくるとなかなかの負担になりますね。

少ないうちは春に集中してやっていましたが、今は8月と1月を除き一年中やっています。


非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR