新天地大玉(30年超)

今日の主役はギムノカリキウム属「新天地」の大玉です。30年以上前に千葉県茂原市の道端で売られているところを買い求めました。現在の直径約25cm。まだ毎年少しずつですが大きくなっています。


Sp8310108   


一見扁平な球体で、このアングルからの見かけが一番美しく見えますが…


実は一時期拗れ気味のことがあって、それが原因で球体は二段構成になっています。


Sp8310109


下段は古い時代の球体部分で、その上に新しい大きな球体が載っているという構成です。


その上段と下段との境目には二つの子を吹いています。


Sp8310110


大きい方の子の直径は10cmほどになっています。


このような二段構成の球体、及び二つの子を吹くようになったのはこの4年ほどのことでそれまでは普通の扁平な球体でした。


現在手許に残っている過去の画像を振り返ってみましょう。


 


2002年:少し大きめの新天地というぐらいのみかけで、現在の姿から見ればまだ若々しく見えます。


S2002


2013年:手抜き栽培がこれ以前の5年ほど続き、その反省?で丁寧に扱い始めたころ。球体には疲労の色が濃く見えますが、久しぶりの開花を見せてくれました。


S2013_20190831203201


                                                        


こうしてみると、現在の姿はやや醜いものですね。胴切り整形はこんなときに有効なのでしょうか。あまり好きではありませんが、実行することになりそうです。


                                                        

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


 


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR