灼熱の温室内で咲く花たち

8月に入り暑い日が続いています。関東地方も台風10号が去り一段と暑さが厳しく感じるようになってきました。温室内の温度計は軽く40℃を超えています。そんな中、烏羽玉や銀冠玉らロフォフォラ類は断続的に開花を続けています。一方、今日はこの時期いつもはあまりお目にかからないサボテンの花が咲いておりました。


<ロビビア属チグリアナ> 群生株です。毎回真っ赤な花を群開させて楽しませてくれます。


Sp8180002 Sp8180001


<マミラリア属テレサエ> 春によく咲く花です。薄ピンクの清楚な花で灼熱の温室内に似つかわしくない。たくさんの蕾を抱えておりまだまだ咲いてきそうです。


Sp8180006 Sp8180008 Sp8180007


<エリオシケ属フロッコサ> 実生4年目。6月に初開花して二度目の開花です。派手ではないが気になる花色です。


Sp8180009 Sp8180011


この暑さでこれらの花も短命なはずですが、こちらも暑い温室内でこれらの花をゆっくりと目出ている余裕もありませんので、丁度良し。


こうしてデジカメで画像に保存し、冷房の効いた部屋で心静かに鑑賞しております。


 


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR