開花を待つロゼオカクタス達(2)アガベ牡丹

開花を待つロゼオカクタス達の第二回目、今日の主役は「アガベ牡丹」です。2013年春に実生した苗たち。現在は3株だけ残っています。


Pa240013 Pa240012 Pa240011


これくらいの樹齢になると疣先の枯れこみが目立つようになります。しかし地中の塊根は充実しているようで、今年も多くの蕾を抱えています。


このアガベ牡丹、牡丹類の中では開花年齢になるまでの期間が一番短く、早いものでは実生3年で初開花します。これらの苗も実生三年目から毎年開花を重ねています。交配も容易で、毎年多くの種子を提供してくれています。


 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援してくださいます方は下のバナーへ応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村


アレオーレのブログ - にほんブログ村


 

スポンサーサイト



コメント

No title

牡丹類は今年から実生に手を出し始め色々な種を購入して発芽を楽しみに待っています。

3年くらいで成果が出始めてくれるのはうれしいですね。10年でようやくなんていうのもザラな属も中にはけっこいるので・・・それでも気の長い話ですが。3年が大したことではないと思うのおかしなものですが・・種子がたくさんできるといいですね。


No title

けんちくやさん、お早うございます。

牡丹類の開花年齢、小さなものは早く大きな花牡丹等は遅くなる傾向にあります。

花色はやはりアガベや竜角のような濃い赤のものが美しく感じます。

三角牡丹や花牡丹などは花色が色糸あって、見ていて飽きないです。


非公開コメント

プロフィール

areole

Author:areole
中学生の頃(60年以上前)友人の影響でサボテンに興味を持ち、以来ダラダラと栽培を続けてきました。
現役引退(2013年)後、時間に余裕ができたのを機会に本格的にこの趣味に復帰。
二棟の小さなガラス温室に多くのサボ達を詰め込んでつきあってもらっています。

フリーエリア

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR